1日1200キロカロリーは逆にやせない!?正しいダイエット方法とは?

ダイエットの疑問解決
スポンサーリンク

1日1200キロカロリーで1ヶ月くらい過ごしたけど全然痩せない・・・。


消費カロリーより少ない生活をしてるのになんで痩せないの?


女性の基礎代謝の平均が約1200キロカロリーということで、とりあえず1200キロカロリーでダイエットを始めるという人も多く見られます。

しかし、この方法では摂取カロリーが少なすぎて逆に痩せることができません。

なぜなら摂取カロリーを減らしすぎると人間は消費カロリーを減らして痩せないように働きます。

食事を減らした分だけ簡単に痩せてしまったらあっという間に死んでしまうため、私たちはある程度食べなくても痩せすぎないように作られています。


食事は減らしてすぐに痩せるほどダイエットは簡単ではありません。


しかし、正しい情報のもとダイエットを実践すれば必ず痩せることができるので安心してください!


本記事では理学療法士監修のもと本当に正しいダイエットの情報をお伝えするので、ご自身のダイエット生活にお役立てください。


スポンサーリンク

1200キロカロリーで過ごしているのに痩せない理由3つ

頑張って摂取カロリーを抑えているのになかなか痩せない。

ダイエットの最初は痩せたけど、停滞してもう痩せない。


私のブログでも体重の増減はカロリー収支で決まると言い続けています。

しかし、摂取カロリーを減らした分だけ痩せ続ける事はありません。

逆に運動でたくさんカロリーを消費しても都合よく痩せることもないのです。


せっかく食べたいものを我慢して1000とか1200キロカロリーで過ごしているのに痩せないなんてがっかりしますよね?

カロリーを減らし続けても痩せない理由を3つ紹介します。


基礎代謝が低下し省エネモードになっている

摂取カロリーが少ない生活が続くと私たちの体は代謝を落として省エネモードになると言われています。


省エネモードって言われても・・・

具体的にどういうことが起こってるの?


私たちは寝ていても心臓や肺などの臓器が働きカロリーを消費しています。

カロリー消費の内訳は以下のような割合です。


安静時代謝の内訳

・骨格筋 22%

・肝臓 21%

・脳 20%

・心臓 9%

・腎臓 8%

・脂肪組織 4%

・その他 16%


摂取カロリーを少なくすればその分臓器の働きがにぶくなり、消費カロリーが少なくなることが考えられます。

単純に食べる量が減れば消化吸収や栄養素の代謝にそこまでエネルギーが必要ないことが想像できますよね?


体が省エネモードになったときに自覚症状ってあるの?

以下のような症状があったら基礎代謝が低下して省エネモードになってると思ってください↓


・体温が下がって寒気がする(手足が冷たい)

・頭がボーっとする

・便秘になる


自覚症状がある人は摂取カロリーが足りなすぎる可能性があるので注意しましょう!


栄養バランスが悪く痩せにくい

ダイエットで体脂肪を減らしたい時は栄養バランスが大事になります。

理想的な栄養バランスは厚生労働省の方でも定められています↓

エネルギー産生栄養素バランス|厚生労働省

ダイエットで痩せない人の中に栄養バランスが悪くて痩せられないという人がいます。


ダイエットで痩せない人の特徴

・野菜ばかり食べて筋肉が減っていく

・極端な糖質制限で主食を全カット→便秘や代謝不良に

・極端な脂質制限→便秘や肌荒れなどの原因に


それぞれの栄養素には役割があるので「糖質を0にする」とか「脂質を0にする」などの極端なダイエットは避けましょう。

〇〇制限ダイエットなどはカロリーを減らす手段としては手軽でいいのですが、長く続かなかったり、リバウンドの恐れがあります。

面倒に感じると思いますが、少しずつバランスの良い献立を心がけましょう。


消費カロリーが少なくなっている

全然食べてないのに痩せない( ノД`)

こんな悩みを抱えている人に共通するのが「消費カロリーが少なくなっている」という点です。

摂取カロリーを1000とか1200キロカロリーにすると体を動かす元気がなくなります。

自分でも気が付かないうちに座ってる時間や体を休める時間が増えるでしょう。


全然食べてないのに積極的に階段を上れますか?

きっと近くのエレベーターを使うようになりますよね?

摂取カロリーを低くしてるのに痩せなくて困るという人は日常生活で元気よく動いてカロリーを消費しているか?を見つめ返してみましょう!


本当に正しいダイエットの方法|痩せるコツ3選

バランスよく食べるとか、動いてカロリーを消費した方がいいとかはよく聞くけど・・・・。

結局どうすれば痩せられるの?


ダイエットに関してはいろいろな情報が出回っているので正直どうすればいいのかわからなくなりますよね。

本当に正しいダイエットは、「健康的で長続きできるもの」と言えます。

短期で痩せたものは短期で戻ってしまいますからね。

上手に痩せるコツを3つに絞ったので目を通しましょう。


目標の摂取カロリーは正しく算出する(少なすぎ厳禁)

結局何キロカロリーで生活すれば痩せられるの??

少なく過ぎもダメとか言われるとどうすればいいのかわからなくなる(-_-;)


ダイエットの時の摂取カロリーの目安は、目標とする体重から算出することができます。

これは活動量によって差ができますが、例をあげると以下のようになります。


摂取カロリーの算出方法

目標体重が60キロの場合→60×25~30=1500~1800キロカロリー

目標体重が50キロの場合→50×25~30=1250~1500キロカロリー

※活動量が低い人を想定した計算です


日中動く量が多い、力仕事が多いという人は体重×30~35で摂取カロリーを計算してもOKです。


ダイエットを始めるときに無理な目標は立てないようにしましょう。

1月に2~3㎏ほど痩せる事を目安にしてカロリー計算できるといいですね♪


例えば体重80㎏の人がいきなり目標体重60㎏の摂取カロリーで過ごしたら体に無理がかかるのは想像できますよね?

ダイエットで体重を減らすときは「1ヶ月に体重の5%」を目安にしましょう。


摂取カロリーの計算ってどうすればいいの?

めんどうで続かなそう・・・


スマートフォンならカロミルあすけんなどのアプリを使うと楽に計算できます。

WebサイトではカロリーSlismが便利です。


計算なんてややこしくて無理(T_T)!!

という人は毎食腹8分目で食事を終わらせる事を意識してみましょう。

実際、細かい計算をしなくてもダイエットは可能です。

当ブログでは手軽に痩せるための情報も発信してるので以下の記事も参考にしてみてください。

40代が手っ取り早く痩せるには?簡単な方法教えますよ♪
40代でも手っ取り早く痩せる方法を探していませんか?食事や運動のポイントを抑えれば手間をかけずに痩せることができます。ダイエットの悩みを抱えている方は本記事が役に立ちますよ。
10キロ痩せる期間はどれぐらい?健康的に痩せる方法教えます
10キロ痩せるにはどのぐらい時間がかかるか気になるかたにおすすめの記事です。10キロ痩せるために必要な食事、運動、カロリー計算の方法を詳しく解説しています。ダイエットにお悩みの方はどうぞ。


バランスの良い食事を心がける

バランスの良い食事が大事ってよく聞くけど、実際どういうバランスで食事を用意すればいいの?

忙しくて品数用意するのも大変なんだよね・・


痩せるために栄養バランスを整えましょう!

ダイエットをしたいと思って情報を集めてると大概目にする言葉ですよね?


しかし、栄養の知識がない状態だと「どんな栄養が足りてないのか」、「何にどんな栄養があるのか?」

そんな疑問をいだきますよね(私もそうでした。)

ダイエット初心者でも簡単に栄養が整う方法として、和食のメニューを増やす事をおすすめします。

和食にするメリット

・魚から良質な脂質とタンパク質が補給できる

・小鉢の野菜からビタミンや食物繊維が補給できる

・味噌汁を飲むと腸内環境が整う(発酵食品によるもの)

・味噌汁で不足しがちな野菜が補給できる


和食に比べて洋食はカロリーを取りすぎたり、栄養の偏りが生じる可能性があります。

洋食のデメリット

・動物性の脂質を取りすぎる(カロリー↑)

・食物繊維不足になる

・加工食品が増える


洋食が悪いわけではありませんが、和食のメニューを増やすだけで難しい事を考えずに栄養バランスを整えることができます。


和食って作るのが面倒なんだよね・・・

簡単に用意できればいいんだけど(-_-;)


忙しくて和食を用意する暇がない!という人もいて当然です。

私は最低限の時間と労力で和食メニューを増やすように以下のような工夫をしています👇


和食を増やすテクニック

・冷凍野菜とインスタント味噌汁で具沢山味噌汁を作る

・魚は缶詰を利用する(鯖缶、いわし缶)

・レトルトの焼魚を活用する(コンビニ、スーパーで買えます)

・小鉢のお浸しやサラダなども冷凍野菜を活用する


少しの工夫と手間で簡単に和食に寄せたメニューにすることができるので痩せないと悩んでいる人は今日から実践してみましょう!

手っ取り早く和食を食べるならコストはかかりますが、冷凍弁当も検討してみては?

私も試しましたが味もおいしく長く続けられそうですよ♪




適度な運動をする

痩せるためには運動が必要です。

1000~1200キロカロリーで過ごしたとしても、運動しなければ体脂肪を減らすことは難しいでしょう。

しかし、忙しくて運動の時間を作ることができないという人もいますよね?


ジムに行ったり、ウォーキングをする時間がない人は日常生活で活動量を増やすようにしましょう。

肥満者は痩せている人よりも164分座っている時間が長いという研究報告があります。

非運動性熱産生とは|健康長寿ネット


なかなか痩せない、ダイエットがうまくいかないという人は以下の項目に当てはまっていないかチェックしましょう✅

痩せない人の共通点

・通勤、通学中に座ってる時間が長い

・エレベーター、エスカレーター使いがち(階段使わない)

・仕事中の歩数が少ない(デスクワーク)

・家でゴロゴロしてる時間が多い(家事をやらない)


こんな少しの事がなんの効果あるの?と思いますよね?

しかし人間は立っているだけでも筋肉を使ってカロリーを消費しています。


1日動き回ってる人と、すぐに座って休んでしまう人ではどちらが痩せやすいかは想像できますよね?

歩数を目安にするなら、男性は9000歩、女性は8000歩を目標にしましょう!

身体活動・運動|厚生労働省


自分の運動量を把握するためにスマートウォッチを活用するのがおすすめ。

スマートフォンの万歩計でもいいですが、より正確に測りたいという人はスマートウォッチの購入を検討してみましょう。


まとめ~痩せない人は適度に食べて良く動きましょう~

主張:結論から言うと1000~1200キロカロリーでダイエットするのはおすすめできません。

最初は痩せてもそのうち体重減少は停滞することでしょう。

正しいダイエットのポイントを簡単にまとめました↓


記事のまとめ

・少なすぎはNG! 目標体重に合わせてカロリーを設定しよう!

・バランスの良い食事が大事! 和食にすれば解決♪

・運動が歩数を増やすことから始めよう! 目標は8000~9000歩


ダイエットはやみくもに進めても順調に痩せることはできません。

本記事の内容を見返して正しいダイエットで理想の体型を目指しましょう!

栄養バランスの良い食事の用意は大変です・・・。



コメント

タイトルとURLをコピーしました